英国式 紅茶教室

こちらのサロンにて紅茶レッスン

美味しい紅茶の淹れ方実習

そして茶器の歴史も学ばせていただきました。

17世紀はじめ、オランダ人により中国の緑茶がヨーロッパに伝えられ、

緑茶と茶器が同時に輸入されました。

当時、茶は薬として扱われていたそうです。

ティーカップの大きさは時代と共に変わっていき、

お茶、紅茶が磁器の発達や銀器を広める事にも大いに貢献することになります。

WILLOWパターンの器 なかなか目にすることはできません。

とっても素敵です。

珍しい570mlも入るファーザーズカップや紅茶占いのためのフォーチュンカップも

実際に見せていただきました!

A先生お手製のレモンケーキや桃のゼリー

フランス、イギリス帰りのこちらの先生のケーキ

それぞれがとっても美味しくていくらでもいただけます。

季節のごちそうと共に幸せな紅茶時間でした。

今回もありがとうございました。


f0196866_18162881.jpg


f0196866_18164057.jpg


f0196866_1842962.jpg


f0196866_18424518.jpg


f0196866_18165220.jpg


f0196866_1817496.jpg

[PR]
by cake-y | 2017-07-26 18:34 | 習い事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cakeycake.exblog.jp/tb/28002759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マンゴーのババロア 募集 リクエストレッスン >>