キャセリンハウス 緑茶アールグレイ

こちらの方からいただいたお心遣い

こちらのイベントにて教えていただいた美味しいお茶

キャセリンハウスの緑茶アールグレイ

久しぶりのお味です。

暑い季節に

とっても爽やかで美味しい!

お忙しい中、一言書き添えて下さる素敵な方

見習いたいと思います。

Mayumiさん いつもありがとうございます。

f0196866_1977100.jpg


f0196866_1984764.jpg

[PR]
# by cake-y | 2017-07-28 06:58 | いただきもの | Trackback | Comments(0)

riruru*s PHOTO LESSON

riruru*s 先生にご無理を言って

わが家でお願いしているスマホレッスン

私自身がスマホを習いたくて

ケーキの生徒様を誘って一緒に楽しくお勉強☆

全3回の今回は2回目

テーマは

”構図そして人を撮る”

スマホでできるあんな事

こんな事

すでにご存じの方も多いかと思いますが

私にはとても新鮮でした!!

riruru*s先生~わからない私にも優しく丁寧に教えて下さって

とっても贅沢なレッスンでした。

以下、構図はいま一つですが(汗)

一眼と違って

こんなに簡単に遊べるのも

スマホならでは!

次回に続きます♪

f0196866_9312370.jpg


f0196866_93137100.jpg


f0196866_932114.jpg


f0196866_9352972.jpg


f0196866_9354081.jpg

[PR]
# by cake-y | 2017-07-27 16:23 | 習い事 | Trackback | Comments(2)

マンゴーのババロア

7月レッスンのケーキ

それぞれに飾っていただきました。

木苺が入手できないときは

サクランボを使わせていただきました。

オレンジゼリーに赤が映えます。

夏カラー 見ているだけで元気が出ますね~♪

皆さまありがとうございました。

f0196866_1835734.jpg


f0196866_18352981.jpg


f0196866_18354276.jpg


f0196866_1836574.jpg

[PR]
# by cake-y | 2017-07-27 09:23 | my cakeファイル | Trackback | Comments(0)

英国式 紅茶教室

こちらのサロンにて紅茶レッスン

美味しい紅茶の淹れ方実習

そして茶器の歴史も学ばせていただきました。

17世紀はじめ、オランダ人により中国の緑茶がヨーロッパに伝えられ、

緑茶と茶器が同時に輸入されました。

当時、茶は薬として扱われていたそうです。

ティーカップの大きさは時代と共に変わっていき、

お茶、紅茶が磁器の発達や銀器を広める事にも大いに貢献することになります。

WILLOWパターンの器 なかなか目にすることはできません。

とっても素敵です。

珍しい570mlも入るファーザーズカップや紅茶占いのためのフォーチュンカップも

実際に見せていただきました!

A先生お手製のレモンケーキや桃のゼリー

フランス、イギリス帰りのこちらの先生のケーキ

それぞれがとっても美味しくていくらでもいただけます。

季節のごちそうと共に幸せな紅茶時間でした。

今回もありがとうございました。


f0196866_18162881.jpg


f0196866_18164057.jpg


f0196866_1842962.jpg


f0196866_18424518.jpg


f0196866_18165220.jpg


f0196866_1817496.jpg

[PR]
# by cake-y | 2017-07-26 18:34 | 習い事 | Trackback | Comments(0)

募集 リクエストレッスン

レモンタルトをリクエストいただきレッスンさせていただきます。

ご一緒にいかがでしょうか?

★8月4日(金)
★10:30~3時間程度
★レッスン、キッシュ軽食付き
★直径15cmレモンタルト1台お持ち帰り有
★受講料5500円
★神戸市垂水区CakeCakeサロン

お問い合わせはyuricake@hotmail.co.jp またはyul-i.li-ly.whte@docomo.ne.jpまで。

心よりお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします!!


f0196866_84496.jpg


f0196866_8441943.jpg

[PR]
# by cake-y | 2017-07-25 08:46 | my cakeファイル | Trackback | Comments(0)